マンチェスター・ユナイテッドとの契約が今季限りとなっているベルギー代表MFマルアヌ・フェライニ。

ジョゼ・モウリーニョ監督は退団を否定しているものの、フェライニ側はチームを離れる可能性を検討していると言われる。

獲得に動いているクラブの一つがトルコの強豪ベシクタシュであり、この冬にも獲得するのではないかとの噂も。

そして『Milliyet』が伝えたところによれば、執行委員のアルバイラク氏がフェライニへの関心を公式に認めたという。

メティン・アルバイラク(ベシクタシュ委員会)

「フェライニはリストに載っている。我々は彼と契約するための努力をしている。しかし、それは彼だけではないけどね。

彼は我々がスカウティングしている唯一の選手というわけではない。ベシクタシュのチームは、今週20試合をチェックしてきた。

移籍マーケットでのプランは終わらない。常に働き続けているよ。数名の選手については関心を続けている。

クラブはトルコとヨーロッパでの戦いに向けた計画がある。そこには交渉もある。

我々は冬のマーケット、そしてシーズン終了までに選手と契約したい」