昨季セリエB5位ながらプレーオフを勝ち上がり、クラブ史上初となるセリエA昇格を果たしたベネヴェント。

だが、19日に行われたサッスオーロ戦に1-2で敗れ、これで開幕13連敗となってしまった。

これまでの戦績は以下の通り。

第1節 vs サンプドリア(2-1)

第2節 vs ボローニャ(0-1)

第3節 vs トリノ(0-1)

第4節 vs ナポリ(6-0)

第5節 vs ローマ(0-4)

第6節 vs クロトーネ(2-0)

第7節 vs インテル(1-2)

第8節 vs エラス・ヴェローナ(1-0)

第9節 vs フィオレンティーナ(0-3)

第10節 vs カリアリ(2-1)

第11節 vs ラツィオ(1-5)

第12節 vs ユヴェントス(2-1)

第13節 vs サッスオーロ(1-2)

得失点差マイナス27(6得点33失点)も断トツのワーストだ…。

ただ、直近のサッスオーロ戦は後半22分に退場者を出すも、後半アディショナルタイムまでは1-1のタイスコアで凌いでいた。

さらに、後半AT2分には相手FWドメニコ・ベラルディがPKを失敗。これで待望の勝点1を手にするかと思われたのだが、なんと後半AT4分に失点…。

なんとも辛すぎる展開に、ロベルト・デ・ゼルビ監督は「94分に負けるのは残念だ。勝ち越すチャンスを逸してしまい、最後の瞬間にやられた」とうなだれていたそう。

それでも「より難しい状況になったが、チームの態度は決してネガティブではない」と口にしていたという。