ワールドカップで再び日本代表とあいまみえることになったコロンビア。

キーマンは前回大会の対戦でゴールを決めたハメス・ロドリゲスになるだろう。

そのハメスについて、バイエルン・ミュンヘンの同僚チリ代表MFアルトゥロ・ビダルが語った。『Marca』が伝えている。

W杯南米予選では凌ぎを削った両者。だが、チリ代表は予選敗退となっただけに…。

アルトゥロ・ビダル

「ハメスはバイエルンで成功するための全てを持ち合わせているよ。

フリーキックもあるし、スペクタクルな左足もね、多くのクオリティがある」

「南米の代表チームはとても優れている。だから予選が非常に厳しい。

彼ら(南米の代表国)の幸運を祈るほかない。彼らがうまくやることを願っているよ、僕らはそこに行けないからね。

いつだって僕らは隣人たち(隣国)を応援するつもりさ」

ワールドカップでは南米の代表国を応援するそう。