今季のセリエAで唯一の日本人選手だった長友佑都がガラタサライに期限付き移籍となり、1998年から続いたセリエAの日本人選手はついに途絶えてしまった。

少々寂しい話だが、この「約20年ぶりの日本人選手ゼロ」を機に、これまでセリエAにチャレンジした日本人選手をユニフォーム姿で振り返ってみたい。

あらゆる面で欧州サッカーが遠かった90年代。テレビ(それも地上波)で「世界最強リーグ・セリエA」を見ていた時代から続く日本人選手の歴史を、これを機会にあらためて確認してみよう。

なお、「メッシーナ時代(2004-06)の柳沢敦」と「トリノ時代(2006-08)の大黒将志」については、残念ながら画像の用意が叶わなかったため、心苦しさを覚えながらも今回は割愛した。

三浦 知良(ジェノア) 在籍年:1994-95

ユニフォーム:1994-95 Errea Home

三浦知良 ジェノア 1994-95 ユニフォーム

後進へ道を切り開いた正真正銘のパイオニア。今に続くセリエAへの道は、カズの挑戦とこのユニフォーム(そしてフランコ・バレージとの激突による負傷)から始まった。ゴールを決めたジェノヴァ・ダービーも、このホームキットを着用。

胸スポンサーは“KENWOOD”。ジェノアはシャツ全面にエンブレムや伝説上の動物“グリフォン”の透かしプリントが入っている。

ユニフォーム:1994-95 Errea Away

三浦知良 ジェノア 1994-95 ユニフォーム

こちらはホワイトを基調としたアウェイキット。エンブレムは腹部にプリントされている。ホームキットと同じくシャツ全体に透かしプリントが入っていて、コレクター心をくすぐるデザインだった。