FAカップ5回戦でまさかのアップセットが起きた。3部のウィガンがプレミアリーグ首位のマンチェスター・シティを1-0で撃破したのだ。

シティは前半終了間際にファビアン・デルフが一発退場。それでもポゼッションは83%、シュートも29本放つが得点を奪えず。すると、後半34分にウィル・グリグに決勝点を決められて万事休すとなった。

まさかの結果となった試合終了後、ピッチ上ではセルヒオ・アグエロと相手ファンに乱闘沙汰が起きていたとも伝えられている。

DWスタジアムのピッチは歓喜に沸く多くのファンたちが降りてきていたようだ。

また、ハーフタイムにはロッカールームに向かうトンネル内で両チームによるいさかいも起きていた。

試合後のジョゼップ・グアルディオラ監督は、ウィガンを讃えつつ、「この敗戦を受け入れる」とコメント。トンネル内での相手監督とのクラッシュについては、「何もなかった」と口にしている。