『Mediaset』は7日、「元イタリア代表監督のアリゴ・サッキ氏は、PSGはとても弱かったと話した」と報じた。

先日のチャンピオンズリーグでレアル・マドリーと戦い、2試合合計5-2で敗北したPSG。

世界でも有数の補強費をつぎ込んできたPSGであるが、今季も目標であったチャンピオンズリーグ優勝を果たすことはできなかった。

かつてミランでゾーンプレスを実用化したアリゴ・サッキは、PSGにはアイデアがなかったと酷評した。

アリゴ・サッキ

「レアル・マドリーはとても弱いチームと戦ったね。

PSGはただただ個人の集まりにすぎない。『試合』という言葉で説明するのは難しいね。

しかし、それが違いを作り上げた。アイデアというのは、金で買うことは出来ないのだ。

おそらく、試合では反抗心に満ちたPSGを見られるのではないかと思っていたけどね。

しかし、我々が結局見たものは、口に葉巻を咥えたレアル・マドリーであった」