かつてMLBロサンゼルス・ドジャースで野茂英雄氏とバッテリーを組んだマイク・ピアッツァ氏。

メジャー屈指の強打を誇るキャッチャーとして活躍し、アメリカ野球殿堂入りも果たしたレジェンドだ。

引退後は実業家に転身。元野球選手ながら、2016年からはイタリア・セリエCのレッジャーナのオーナー兼会長を務めている(ピアッツァ氏はイタリア系移民の血を引いており、WBCではイタリア代表としてプレーした)。

そんなピアッツァ氏のブチ切れ会見が話題になっている。

机を叩くなどめっちゃ怒っている…。『CBS』などによれば、ホームスタジアムを巡って憤慨していたようだ。

レッジャーナがホームとして使用しているマペイ・スタジアムは、セリエA・サッスオーロのオーナー企業である『Mapei』が所有している。

だが、同スタジアムはもともとはレッジャーナが所有していたもの。クラブがセリエAから降格後に破産したことでオークションにかけられ、『Mapei』が買収したという経緯がある。

そのため、現在はレッジャーナがサッスオーロに対して、スタジアム賃貸料を支払っている状況にある。ピアッツァ氏は23万ユーロ(3000万円)以上にもなる賃料は高額すぎると感じているようだ。

そのようなクラブを取り巻く状況に辟易しているようで、このようなブチ切れ会見になった模様。

ただ、チームはセリエCグループBの4位につけており、セリエB昇格の可能性もある。