3月11日(日)に開幕したばかりのJ3。

先週末に行われた第2節のギラヴァンツ北九州対FC琉球戦で、あの選手が最年長ゴールを更新した!

FC琉球の播戸竜二だ!

播戸はこの試合で朴利基との交代で60分からピッチに登場すると、1-1で迎えた74分、西岡大志のクロスに上手く頭で合わせ逆転ゴールをゲット。

J3では今季の開幕節でザスパクサツ群馬FW大久保哲哉が得点をあげ最年長ゴール記録を更新したばかりだが(38歳2日)、わずか6日で播戸が38歳7ヵ月15日という新記録を樹立した。

播戸は今シーズンからJ3のFC琉球に活躍の場を移しており、Jリーグでは2015年7月18日以来となる得点。

これによりJ1、J2、J3の全カテゴリーで得点したことになるが、これは松本怜や高原直泰など限られた選手しか達成していない偉業である。

播戸の活躍に、同世代の北九州MF本山雅志も「相手の2点目はスーパーゴールだった」とコメント。

また、播戸自身は「今日のゴールで終わりじゃないし、ここからまたちょっとずつしっかりと積み上げてやっていきたいと思います」と話したが、SNSでは「サッカー続けてて良かった〜!」と思わず本音を漏らしていた。

※画像は『DAZN』の許諾を得て使用しています