浦和レッズの日本代表DF槙野智章は片足ずつ違う色のスパイクを履いているが、キット系サイト『soccerbible』でも取り上げられていた。

Instagramのフォロワー数460万人を誇る同サイトでは、1週間ごとに世界中の変わったスパイクを特集している。そのなかのひとりとして、槙野はこう紹介されていた。

「この数シーズンほど、トモアキ・マキノは風変わりなスパイクを履いている。

浦和レッドダイヤモンズに所属する彼は、ピッチ上で半分半分なデザインを作り出すために廃盤となったadidas F50adizeroの赤と白を着用。

ホームユニフォームをいい感じに補完してもいる」

すでに終了したサイロのスパイクをしかも色違いで履いているのはやはり目を引くようだ。

槙野智章の「色違いスパイク」

ちなみに、拡大してみるとこんな感じ。

槙野智章の「色違いスパイク」

白の右足には背番号と名前が刻まれているようだ。