『Opta』は14日、過去の実績に基づいて計算された攻撃力と守備力を使って計算した優勝可能性ランキングを掲載した。

これはこれまでの4年間の公式結果、ワールドカップ予選、コンフェデレーションズカップ、各大陸選手権、親善試合、そしてワールドカップ2大会から算出されたものだとのこと。

その結果は以下の通りとなっているようだ。

1位:ブラジル(13.2%)

2位:ドイツ(10.7%)

3位:アルゼンチン(10.1%)

4位:フランス(9.9%)

5位:スペイン(8.9%)

6位:ベルギー(4.0%)

7位:ポルトガル(3.2%)

8位:ウルグアイ(3.1%)

9位:コロンビア(2.6%)

10位:日本(2.2%)

11位:イングランド(2.1%)

12位:クロアチア(1.9%)

12位:ロシア(1.9%)

12位:スウェーデン(1.9%)

15位:メキシコ(1.8%)

15位:ポーランド(1.8%)

15位:セルビア(1.8%)

果たして日本はこの予測どおりの活躍を見せられるだろうか?