6月28日、ロシアワールドカップのグループG、イングランド対ベルギー、パナマ対チュニジアの試合が行われた。

グループGはイングランドとベルギーがともに2連勝でベスト16進出。第3戦はグループ1位をかけた一戦と、今大会初勝利を目指すパナマ対チュニジアというカードになった。

スコアが積極的に動いたのはやはりパナマとチュニジアの試合。33分、パナマがヤシン・メリアフのオウンゴールで先制し、この大会初めてリードを奪う。

しかし後半はチュニジアが盛り返し、51分にファハルディーヌ・ベン・ユセフ、66分にはワフビ・ハズリが決め逆転。

一方、上位対決では51分、香川真司の元同僚であるアドナン・ヤヌザイの鮮やかなゴールでベルギーが先制する。

この技術!さすがヤヌザイだ。

試合はそれぞれそのまま終了。ベルギーが3連勝、チュニジアが嬉しい初勝利を手にしている。

この結果、ベルギーはグループH2位の日本、イングランドは同1位のコロンビアと対戦することが決まった。

【総力特集】ワールドカップ最新情報はこちらから