2018-19シーズンはNikeとのパートナーシップ20周年という節目を迎えるインテル。

5月にリリースされた新シーズンのホームキットに続き、27日には新しいアウェイキットが発表となった。

ホームキットは、Nikeとコンビを組んだ過去20年間のユニフォームの中から印象的なデザインの要素を取り入れていたが、アウェイキットはイル・ビショーネ(大蛇)をモチーフとしている。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Inter 2018-19 Nike Away

インテル 2018-19 Nike アウェイ ユニフォーム

新しいアウェイはホワイトを基調にライトグレーというカラーコンビネーション。ダイヤモンドパターンでインテルの象徴である大蛇“Il Biscione(イル・ビショーネ)”を表現している。

インテル 2018-19 Nike アウェイ ユニフォーム

ダイヤモンドの蛇柄は背面にもビッシリ。インテルは2010-11シーズンのユニフォームでも蛇柄をモチーフにしているが、とくに肩から脇にかけて蛇のグラフィックを大胆にあしらったアウェイキットは大きな注目を集めた。

インテル 2018-19 Nike アウェイ ユニフォーム

パンツはホワイトを、ソックスはブルーをそれぞれ基調。ソックスは前面にスウッシュ(Nikeロゴ)とチーム名のグラフィックが入る。