2009年から9年間に及んだNikeとのテクニカルスポンサー契約が終了し、新たにUmbroとコンビを組んだヴェルダー・ブレーメン。

Nikeとの9年間以外にも、これまでPumaとは19年間(1981-2000)、Kappaとは9年間(2000-2009)と、クラブは長期のパートナーシップを結ぶ傾向がある。

現時点でUmbroとの契約期間は、2018-19シーズンから2022-23シーズン終了までの5シーズンとなっているが、過去の例を見ても両者間に問題が起きなければ、それ以降も契約を延長する可能性が高いだろう。

そんなブレーメンの“Umbro第1弾”となるユニフォームが29日、クラブとメーカーから発表となった。既に入団が発表されている日本代表の大迫勇也は、このユニフォームを着てブレーメンでの第一歩を踏み出す。

Werder Bremen 2018-19 Umbro Home

ヴェルダー・ブレーメン 2018-19 Umbro ユニフォーム

新しいホームキットは、原点に立ち戻ったかのようなグリーンとホワイトのシンプルなカラーコンビネーション。エンブレム上の星もゴールではなくホワイトであしらっている。

胸スポンサーは大手家禽会社の「WIESENHOF」で継続だが、ロゴマークの色はユニフォームに合わせてグリーン/ホワイトに変更。全体的に色の多用を避けている。

ヴェルダー・ブレーメン 2018-19 Umbro ユニフォーム

背面の首元には、クラブの応援歌のタイトル“Lebenslang Grun-Weiss(生涯、緑と白)”をレタリング。この言葉のもとに、死ぬまでブレーメンへの忠誠を誓う。

ヴェルダー・ブレーメン 2018-19 Umbro ユニフォーム

袖口にはクラシックな雰囲気を醸し出すUmbro“ダブルダイヤモンド”のグラフィック。

ヴェルダー・ブレーメン 2018-19 Umbro ユニフォーム

パンツはホワイト、ソックスはグリーンをそれぞれ基調。ソックスの前面にはメーカーロゴ、背面にはチーム名「WERDER」が入る。