大エースだったクリスティアーノ・ロナウドがユヴェントスへと移籍したレアル・マドリー。

ここでは、『sportskeeda』による「レアルをアンストッパブルにしうる3人のW杯スター」を見てみよう。

ティボー・クルトワ(ベルギー代表GK)

ティボー・クルトワ

この1年間ほどレアル・マドリーのレーダー上にいるクルトワ。

残り1年となった契約状況、そしてチェルシーのピッチ内外のごたごたによって、この夏も目が離せない移籍状況になっている。

このベルギー人ショットストッパーは、チェルシーでの最後の1年に臨むところで、クラブとの契約延長にはいまだにサインしていない。また、ワールドカップ後に今後についての選択肢を勘案するだろうとも述べている。

レアルによるダビド・デ・ヘア獲得の可能性は次第に減少しているように見えるうえ、今大会でのパフォーマンスではクルトワがデ・ヘアをはるかに凌駕している。それによって、レアルは素早い対応を迫られるはずだ。

クルトワ以外でいえば、ローマのブラジル代表GKアリソンも補強候補に挙げられており、ケイロル・ナバスの代役探しは本格化しつつあるのかもしれない。