『Football London』は30日、「アーセナルのDFエクトル・ベジェリンは、ウナイ・エメリ監督の指導を絶賛した」と報じた。

昨季限りでアーセン・ヴェンゲル監督が退任し、新たにウナイ・エメリ氏を指揮官に招聘したアーセナル。

現在はインターナショナル・チャンピオンズカップのためにシンガポールを訪れており、これまで3試合を戦った。

土曜日にはパリ・サンジェルマンと戦い5-1と大量点で勝利を収め、これまでになくいい状態を続けている。

そんな中、シンガポールにいるはずなのにだいぶアメリカナイズされたファッションをしているベジェリン。

彼は以下のように話し、エメリ監督の練習や若手の態度にとても満足していると語ったとのことだ。

エクトル・ベジェリン

「僕は全てに満足しているよ。シンガポールで受けた丁重な扱い、トレーニングセッション、チーム全体の態度、そして2試合の結果。全てがポジティブだった。

前にも言ったように、新しいシステムを学び、お互いにまたわかり合う。新しい選手たちともね。

今日、物事はより良くなっていると感じるよ。ゆっくりと打ち解けあっている。新しいコンセプトを毎日練習しており、うまく行き始めているよ。

あらゆる点で本当にポジティブだ。僕は非常に満足しているし、若い選手の態度もいい。彼らはチャンスを生かしている。

誰にとっても非常に良いツアーになっているよ」