今夏のワールドカップで準々決勝にすら進めなかったスペイン代表。ルイス・エンリケ監督のもと新たなスタートを切ることになった。

そんななか、バルセロナ選手の発言が話題になっているようだ。『Marca』によれば、セルジ・ロベルトがこう述べたという。

セルジ・ロベルト

「自分はワールドカップに行くと心から思っていたんだ。

だが、監督は他の選手に決めた。なので、僕は大会をテレビで見るしかなかった」

本職はMFながら、右サイドバックとして評価を高めたセルジ・ロベルト。

セルジ・ロベルト

だが、フレン・ロペテギ前監督は本大会メンバーに選ばず。本人的にはまさかの落選だったようだ。

そのうえで、今後の代表についてはこう語った。

セルジ・ロベルト

「僕にとってルイス・エンリケは非常に重要な存在だ。バルセロナBでデビューさせてくれた人だし、トップチームでも定期的に選んでくれた。

もし自分が代表に戻れるなら、とてもいいことだろうね」