『Inside』は4日、「Adidasはイラン代表との関係を断つことを発表した」と報じた。

先日行われたワールドカップを前に、経済制裁による大きな影響が顕になったイラン。

アメリカがイランに対して経済制裁を行ったことにより、Nikeがスパイクの提供を取りやめ、突然数選手が普段のものを使えなくなった。

そして更に今回、Nikeに続いてAdidasもイランへの用具提供を終了することを通知したと発表し、ユニフォームの提供を取りやめることが決まったのだ。

イラン代表は今回のワールドカップでAdidasからのキット提供を受けていたことから、現状着るユニフォームがなくなってしまった。

アジア大会ではまだ契約が残っているため問題ないようだが、イランは来年に向けて新しいスポンサーを見つけなければならない状況だ。