『NothingbutNewcastle』は11日、「ラファ・ベニテス監督は、カーディフ・シティ戦でサロモン・ロンドンをスタメン起用しなければならない」という記事を掲載した。

今夏のマーケットで武藤嘉紀らを補強し、新たなスタートを切ったニューカッスル。前線ではアレクサンダル・ミトロヴィッチを放出しており、全体的に選手を入れ替えてきた。

しかしトッテナムとの開幕戦で先発したのは昨季も所属していたホセル。彼はこの試合で1得点を決めたものの、チームは結果的に1-2で敗れてしまった。

『NothingbutNewcastle』はこの試合の采配について以下のように評し、武藤とのコンビがうまく行ったロンドンを先発させるべきだと主張した。

「新しいシーズンが始まった。ベニテス監督は今季の意思を見せるシグナルを出すことを望むべきだった。

しかし今夏の契約の中で最も大きいものの一つ――サロモン・ロンドンは、ベンチに座っていた。

最前線は極めて重要なポイントであり、彼を先発させなかったのは混乱させられる判断だ。

彼は確かに昨季10点しか取っていないが、最前線で最も大きな脅威になれる。そしてゴールを狙うためのポイントにもなる。

トッテナムは非常に攻撃的な中盤を持っており、それは脅威だ。したがって結果を得るためには、ロンドンが何かを起こす可能性を使うべきだった。それが遅れたのは、勝点を失った要素の一つだ。

もしロンドンを最初から使っていれば…特に新戦力の武藤嘉紀が入ってきた後は、前向きなインパクトを残した。彼らはもっとチャンスを作れたはずだ。

ベニテスはロンドンから最高のものを引き出すためにレギュラーで使う必要があるし、ファンは次のカーディフ戦での前線のセレクトに決定的な判断が下されることを祈るだろう」