アトレティコ・マドリーとテクニカルスポンサーのNikeは4日、2018-19シーズンで着用するサードキットを発表した。

前身頃のグラフィックはマドリッドの航空写真で、背面の首元には三叉槍をプリント。デザインは面白いが、なぜか色はアウェイキットと同系色のブルーを基調としている。

Atletico Madrid 2018-19 Nike Third

アトレティコ・マドリー 2018-19 Nike サード ユニフォーム

新しいサードキットは、ややグリーンを含んだような濃いブルーを基調。ストライプ柄はホームキットと共通する。

ホームタウンの航空写真を使ったグラフィックデザインは、マンチェスター・シティやトッテナムなどのサードキットと同じパターン。アトレティコがタイトル獲得の際に行う祝賀パレードの最終地点である「ネプチューンの噴水」も見ることができる。

アトレティコ・マドリー 2018-19 Nike サード ユニフォーム

背面の首元には、武器のトライデント(三叉槍)をプリントしたオレンジのメッシュテープを配している。

アトレティコ・マドリー 2018-19 Nike サード ユニフォーム

パンツは淡いグリーン(Nikeの色名ではイグルー)を基調。ソックスの色は、Nikeの色名ではグリーンアビスというブルーに近いグリーン。前面のNikeロゴとチーム名はオレンジで彩っている。