今季、リヴァプールに加入したギニア代表MFナビ・ケイタ。まだ23歳と若いものの、ブンデスリーガでは確かな地位を確立していた。

そのケイタがファンたちからの様々な質問に答えるという企画をリヴァプールが実施!

「最もハードだった対戦相手は誰?」との問いにはこう答えていた。

ナビ・ケイタ

「バイエルンとよく対戦していた頃、シャビ・アロンソには常に苦労させられたよ。

彼は経験豊富なので、自分は悪戦苦闘した。

プレーをスイッチし続けるので、(相手は)走りを止めることができないんだ。

とてもインテリジェントだったね」
ケイタとアロンソ

2人は10歳以上の歳が離れているが、老獪で知的なプレーをするアロンソにケイタは走り回ることを余儀なくされていたようだ。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】