1年半ほど前にドイツの週刊誌『SPIEGEL』が報じたクリスティアーノ・ロナウドのレイプ疑惑。

アメリカ人女性が2009年にラスベガスのホテルでロナウドにレイプされたと訴え出たというものだった。

ロナウドは女性に37.5万ドル(およそ4200万円)を支払ったとされるが、強姦については否定。先日にはロナウド側の弁護士が『SPIEGEL』に対して法的措置に出る構えも見せた。

そうした中、地元ラスベガス警察が月曜日に捜査再開を発表したと『CNN』などが伝えている。

ロナウドは「フェイクニュースだ。彼らは僕の名前で売名したがっている」などと述べているようだが…。