トッテナム・ホットスパーは10月、デザインが懐かしい80年代ユニフォームの復刻版をリリースした。

この復刻版は、一般的に「レトロユニフォーム」と呼ばれる物とは少々様子が異なる。というのも、当時の「メーカーロゴ、スポンサーロゴ、エンブレム」の三拍子揃ったものだからだ。

通常、エンブレムやスポンサーロゴはライセンス上の問題で、そしてメーカーに関しては現行サプライヤーとの関係などから、この3つの要素が揃うケースは多くない。Nikeと契約中のクラブがHummelのロゴ入りを扱うこと自体、稀なケースと言える。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Tottenham Hotspur 1985-87 hummel Home Retro Kit

トッテナム・ホットスパー 1985-87 hummel レトロ ユニフォーム

1985-87シーズンのホームキットの復刻版。胸から上のサッシュ(斜線)が特徴的だが、このデザインは今季のサードキットにも取り入れられている。胸スポンサー「HOLSTEN」はビールのブランドで、1983年から95年までと、99年から2002年まででスポンサーを務めた。

トッテナム・ホットスパー 1985-87 hummel レトロ ユニフォーム

86-87シーズンは1部リーグを3位、FAカップは準優勝という成績を残している。

トッテナム・ホットスパー 1985-87 オズワルド・アルディレス

当時の画像と比較しても、復刻版の完成度の高さを確認できる。画像の選手はオズワルド・アルディレス。後に清水エスパルス、横浜F・マリノス、東京ヴェルディ、町田ゼルビアで指揮を執った。