欧州各地で行われているUEFAネーションズリーグ。なんと42歳のGKが先発起用されていたぞ!

それは、リーグCのキプロス対ブルガリア戦で起きた。ブルガリアは敵地での一戦でGKゲオルギ・ペトコフを起用。彼は1976年生まれの42歳という大ベテラン!

先日、現役引退を発表した元日本代表GK川口能活(1975年生まれ)とほぼ同世代だ。

ペトコフの代表デビューは20年前の1998年で、先月ほぼ10年ぶりに代表復帰していた。

現地メディアによれば、42歳と8か月+2日でブルガリア代表史上最年長記録になったとも(これまでの記録は37歳)。