8日に行われたチェルシー戦で2-0と敗北し、プレミアリーグで今シーズン初の黒星を喫したマンチェスター・シティ。

試合後、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は以下のように話したという。

ジョゼップ・グアルディオラ

「唯一のチャンスで相手に点を取られ、厳しい前半だった。

チェルシーはどのポジションでも強かった。後半最初の10分間は相手が良かったが、前半と最後の25分ぐらいの我々はファンタスティックだった。

そんな選手の姿を見られて、監督冥利に尽きる…」

最後は「so glad」と口にし、敗北したものの安堵の喜びを感じていることを明らかにした。

また『Mancehster Evening News』の記事によれば、相手が良ければそれを祝福したいと話し、負けた形のほうが重要だと語ったという。

ジョゼップ・グアルディオラ

「負けることはある。しかしどうやって負けたかが問題だ。我々はいつもの我々だったか?間違いなくそうだ。

チェルシーはボールを独占して、10億本のパスで75%のチャンスを作って、1回のカウンターとセットプレーで我々を倒した。

我々は、我々がプレーしたい方法でプレーする。そういうことだ。相手が良かったときは、我々はそれを祝福して、次の試合に向けて歩みだすんだ」