『FourFourTwo』は12日、「チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督は、DFギャリー・ケイヒルの退団を許可した」と報じた。

今季がチェルシーとの契約最終年度となっているケイヒル。しかしサッリ新監督の下では出番がなく、更新の可能性はかなり低いと考えられている。

1月のマーケットでチームを離れることになるのか?サッリ監督は彼の状況について以下のように話し、戦術に合わないので使えないと語ったという。

マウリツィオ・サッリ

「彼のことをとてもリスペクトしている。なぜなら、このクラブとともにあらゆるものを勝ち取ってきたからだ。

私は自分の仕事をする。どの試合でも、選択をしなければならない。ここでは、彼はベンチに置くことができない。

おそらく、ボックスの中では彼はベストだ。しかし、我々のディフェンダーは試合中100~110回はボールと共にプレーしなければならない。とても技術的な選手が必要なのだ」

(ケイヒル退団の可能性はある?)

「それは私が決断することではない。彼と、クラブの判断次第だ。

彼は契約最終年度にある。新しい契約を結ぶか、それとも他のクラブに行くのか、彼自身が決断しなければならない。

30歳を超えた選手は、通常1年の契約にする。もし他のクラブで3年間のオファーをもらえるなら、チェルシーを退団することもできる。

それは、私が感傷的になるかどうかとは関係がないものだ」