やはりグループF最大のライバルは中央アジアの雄になるのだろうか。

9日に行われたウズベキスタン対オマーンの試合は、2-1でウズベキスタン代表が勝利した。

日本がトルクメニスタンに辛勝した後に行われた一戦。

ウズベキスタンは34分、オディル・アフメドフがフリーキックを直接沈めて先制すると、同点に追い付かれた後の85分、エルドール・ショムロドフが独力でゴールを決めて勝ち越した。

フォジル・ムサエフ(ジュビロ磐田)、ドストンベック・トゥルスノフ(レノファ山口)は出場していない。

その結果、グループFは総得点の差で日本が首位に。同勝点でウズベキスタンが続き、トルクメニスタン、オマーンという並びとなっている。

同組の2節は13日に行われ、日本はオマーンと、ウズベキスタンはトルクメニスタンと対戦する。