この冬、ズラタン・イブラヒモヴィッチの復帰が幻に終わったミラン。ゴンサロ・イグアインを放出する代わりにジェノアのポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクを獲得すると報じられている。

セリエA第20節ではそのジェノアとミランが対戦。注目の2人はメンバー外となるなか、こんなプレーが話題に。

ネイマール級のヒールリフトを決めたのは、ミランMFルーカス・パケタ。

この冬にミランが3500万ユーロ(43億円)でフラメンゴから獲得した21歳のブラジル代表レフティだ。その才能に惚れ込んだネイマールがPSG移籍を勧誘していたという逸材である。

才能の片鱗を見せつけるようなこのプレーは瞬く間にSNS上で拡散されるなど話題に。

なお、試合は古巣対決となったスソのゴールなどでミランが0-2で勝利している。