日本代表MF乾貴士を期限付きで獲得した、スペイン1部デポルティーボ・アラベス。

アスレティック・ビルバオ、レアル・ソシエダに続く“バスク第3のクラブ”と言える存在で、11シーズンぶりの1部昇格となった2016-17シーズン以降、2季連続で1部残留に成功。現役時代はバルセロナで活躍したアベラルド監督のもと、チームは堅守速攻を武器に今季ここまで5位と快進撃を見せる。

そんなアラベスのユニフォームの色は、伝統的にチームカラーのブルー/ホワイトがメイン。セカンドカラーはシーズンによって異なるが、今季はバスク色の濃いカラーを採用している。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Deportivo Alavés 2018-19 Kelme Home

デポルティーボ・アラベス 2018-19 Kelme ユニフォーム

ホームキットは定番のブルー/ホワイトのストライプ。1921年のクラブ誕生以降この基本カラーは不変だが、デザインは時代によってブルーとホワイトが左右半々を採用することも。左裾にはチーム名のイニシャル「DA」をあしらう。

デポルティーボ・アラベス 2018-19 Kelme ユニフォーム

胸スポンサー「betway」はオンライン・ギャンブルで、背面の「LEA」はシェービングブランド。

デポルティーボ・アラベス 2018-19 Kelme ユニフォーム

コンプリートルックはこんな感じで、パンツとソックスはブルーを基調。サプライヤーは2017-18シーズンからKelmeが務めている。

アラベス、仕事早い!ブルーは横浜F・マリノス、ボーフム、そして日本代表と、乾にとっては縁のある色だ。