『Il Giornale』は25日、「アンドリー・シェフチェンコは、ミランはゴンサロ・イグアインを必要としていないと話した」と報じた。

今月、ミランを退団してチェルシーにローン移籍することが決まったイグアイン。保有元のユヴェントスから貸し出され、買い取りオプションも付随している。

かつて同じようにミランとチェルシーでプレーした往年の名FWシェフチェンコは、彼について以下のように話したという。

アンドリー・シェフチェンコ

「ACミランはイグアインなしでもチャンピオンズリーグ出場権を獲得できるよ。

しかしながら、彼がいればより簡単にはなっただろうけどね。

ピョンテクとイグアインの比較?それほど大きくは違わないよ。ふたりとも素晴らしいフィニッシャーだ。

イグアインはよりチームを助けられるが、どちらも多くのゴールを決められるポテンシャルがある。片方はより体力があり、片方はより速度がある。

サッカーの歴史の中で、イグアインは多くのページを書いてきた。ピョンテクも既に能力を示してきた有望なサッカー選手だ。

イグアインもボヌッチもミランを去った。私が知っていることは、ミランのシャツを着ることは誇りであり、常に名誉だと感じるべきだという話さ」