今週末、ミランとのダービーを控えているインテル。3位と4位である両チームの勝点差はわずか1ポイントだけに非常に大きな意味を持つ一戦になる。

ただ、インテルはキャプテンを剥奪されたマウロ・イカルディの問題がいまだに解決していない。そうした中、『La Repubblica』が気になる話を伝えた。

それによれば、インテルのロッカールームは3つの派閥に分断されているという。また、イカルディはルチアーノ・スパレッティ監督のヒステリックな批判からチームメイトたちを守っていたとも。

情報提供者によれば、カオスの原因は分裂したチームの内部事情にあるようだ。

「ロッカールームは3つの派閥に分かれている。イタリア人、南米人、スラブ人だ。

マウロは全員とうまくやっている。ペリシッチ、ブロゾヴィッチ、ハンダノヴィッチ以外とはね。

今やインテルのバルカン化は進んでおり、不可逆な段階にある」

「俺たちは誰もスパレッティに対してイカルディからキャプテンマークを奪えと頼んではいない。

「イカルディはチームメイトに対するスパレッティの批判の度合にイラついており、監督にそれを抑えるように求めた。とにかく勝利を得ていたので、ヒステリックになる必要などなかった。

(指揮官の?)リアクションは非常に激しいものだった。

キャプテン剥奪は汚点のようだったので、彼(イカルディ)はクラブに対して繰り返しメッセージを送った。長年に渡るプロ意識の証明として、97.5%は練習時間通りにやってきているということを指摘したんだ。

だが、それは無駄だった。

スパレッティは退団しないだろう。CL出場権を争っているクラブには介入する力がない」

もはやクラブ内部の派閥対立は修復不可能な状況だという。

【関連記事】 「インテル、放出するのが早過ぎた13人の選手」

ただ、ダービー前には様々な噂が飛び交うもの。それを一蹴するには勝つしかないが…。