ベシクタシュでの活躍により、日本代表に復帰した香川真司。

ギョズテペと対戦したリーグ第26節では、香川とアデム・リャイッチが同時に先発起用された。現地でも待望の…というように伝えられており、期待値は高かったようだ。

ただ、ベシクタシュはブラク・ユルマズのゴールで1-0で勝利したものの、シェノール・ギュネシュ監督は満足していなかった模様。

『Sporx』などによれば、指揮官は「お望み通り、香川とリャイッチをプレーさせた。攻撃に効果がなかった」などと述べていたという。

そのうえで、左サイドバックのアドリアーノが前半10分で負傷交代になったことを嘆き、「左利きの選手がいなくなってしまった」とこぼしていたとも。

【関連記事】「日本代表の新顔!4人の初招集組について抑えておきたいポイント」

ベシクタシュは2位ガラタサライと勝点差2ポイントの3位につけている。