『L'Equipe』は27日、「ウラル・エカテリンブルクに所属している元ロシア代表FWパヴェル・ポグレブニャクは、人種差別発言で処分を受けた」と報じた。

罰金額は25万ルーブル(およそ42万5000円)で、執行猶予付きでシーズン終了までの出場停止処分が言い渡された。もし今後問題になる発言があった場合に適用される。

ポグレブニャクは16日の『Komsomolskaya Pravda』でFWアリ(クラスノダール)とDFマリオ・フェルナンデス(CSKAモスクワ)の代表招集について批判した。

アリ クラスノダール

二人のブラジル人がロシア代表に入ることに対して以下のように話し、このコメントが大きな問題に発展していた。

パヴェル・ポグレブニャク

「意味がわからない。アリがロシアのパスポートを受け取ったことを全く理解できない。

バカバカしい話だよ。黒人の選手がロシアを代表するというのはね。

マリオ・フェルナンデスはトッププレーヤーだ。しかしそのポジションにはイーゴル・スモルニコフ(ゼニト)がいるじゃないか。我々は外国人がいなくてもやれるのだ」