UEFAチャンピオンズリーグの準々決勝、2ndレグの2試合が行われた。

ユヴェントス対アヤックスは敵地での1stレグを1-1で引き分けたユーヴェ有利と思われたが、アヤックスが予想を上回る善戦を展開する。

クリスティアーノ・ロナウドに先制点を許すも、すぐさまドニー・ファン・デ・ベークがすぐさま同点ゴールをゲット。

迎えた後半は完全なアヤックスペースになり、何度となく相手ゴールに襲い掛かる。ユーヴェはGKヴォイツェフ・シュチェスニの好セーブなどで何とか凌いでいたものの、後半22分についに決壊。

コーナーキックからDFマタイス・デ・リフトが豪快なヘディングシュートを叩き込んだ。その後、アヤックスはハキム・ジヤシュがネットを揺らすも、VARによるオフサイド判定で取り消しに。

ただ、その後もアヤックスペースは変わらず。2ndレグに1-2で勝利したアヤックスが2戦合計2-3でベスト4進出を決めた。

【関連記事】 「ユヴェントス、この夏に売却しうる5人のビッグネーム」

一方、ロナウドを補強してCL制覇を目指したユーヴェだが、ここで散ることになってしまった。