ボルシア・ドルトムントは1日、ニューヨーク・シティFCから16歳のMFジョヴァンニ・レイナを獲得したと発表した。

ジョヴァンニ・レイナは2002年生まれの16歳。すでにアメリカU-23代表にも入っている天才攻撃的MFで、ニューヨーク・シティFCのアカデミーで育成されていた選手だ。

FIFA U-17ワールドカップの予選では6ゴールを決める活躍を見せ、ベストイレブンにも選出されている期待株である。

レイナという名前とアメリカ代表というステータスから想像できる通り、彼は元アメリカ代表キャプテンであるクラウディオ・レイナの実の息子だ(※動画はYoutubeに飛んでご覧ください)。

クラウディオは2013年からニューヨーク・シティFCのスポーツディレクターを務めており、クラブ全体を把握している立場。そして、今回息子を彼自身がプレーした経験もあるドイツへと送り出すことを決めたのだ。

また、母親のマリアがポルトガル出身であることからヨーロッパのパスポートを保有しており、それも選手としてのキャリアには有利になる。

【関連記事】 すでに将来が約束されているレジェンドの息子6人

まずはドルトムントU-19のカテゴリでプレーするという16歳のジョヴァンニ・レイナ。父親のように活躍し。アメリカの先輩であるクリスティアン・プリシッチの後を次ぐ存在になれるだろうか。