レアル・マドリーのトップチームに帯同している久保建英。

ここでは、『Transfermarkt』を参考に、久保と同等以上に評価されているレアル・マドリー・カスティージャの選手を調べてみた。久保の市場価値は200万ユーロ(2.4億円)だ。

なお、バジャドリーへのローン移籍が決定したホルヘ・デ・フルトスらは除外した。

DF:ハビ・サンチェス

ハビ・サンチェス

市場価値:200万ユーロ(2.4億円)

1997年生まれの22歳、スペイン

地元ヘタフェで生まれ、7歳でレアルのカンテラに加入したディフェンダー。

189cm76kgと屈強なフィジカルはないものの、ピッチ上で存在感を発揮する選手だそう。ポジショニングや危険察知力に優れるほか、両足を使え、最終ラインからボールを持ち上がるプレーも。

トップチームの守備陣に怪我人が相次いだ昨シーズン中頃、当時のサンティアゴ・ソラーリ監督によって急遽トップチームに招集。10月末からの2週間足らずで、コパ・デル・レイ、UEFAチャンピオンズリーグ、リーガでトップデビューを果たす。

コパではいきなりゴールまで決めるなど評価を高めると、バジャドリーやレアル・ソシエダ、ボーンマスが獲得に乗り出したとか。ただ、レアル側に売る意思はなく、リリース条項を3億ユーロ(365億円)に設定したとも。

なんでもカスティージャではソラーリ監督に重用されていたそうで、地元メディアはハビ・サンチェスを「リトルボス」とも評している。