8月に入り、欧州主要リーグの開幕がいよいよ近づいてきた。プレミアリーグの移籍市場は8月8日でクローズ(放出は可能)されるが、これから動く大物選手もいるはずだ。

ここでは、『sportskeeda』による「この夏すでに移籍した選手で組むベストイレブン」を見てみよう。

GK:ネト

「この夏に移籍した大物最強イレブンが強すぎる!」

バレンシア⇒バルセロナ

守護神マーク=アンドレ・テア・シュテーゲンの新たなバックアッパーになったネト。ヤスパー・シレッセンとのトレードのような形で加入した。

2600万ユーロ(31億円)+ボーナスは安くないが、ブラジル代表経験もある実力者だけに能力は折り紙つきだ。

CB:マタイス・デリフト

マタイス・デ・リフト

アヤックス⇒ユヴェントス

この夏の移籍市場で最も人気だった若きディフェンダー。ほぼ全てのビッグクラブが興味を示していた。

まだティーンエイジャーにもかかわらず、キャプテンとしてアヤックスを牽引し、CLでの大躍進に貢献。

そんな彼が選んだのは、子供の頃のアイドルであるクリスティアーノ・ロナウドがいるセリエAの絶対王者だった。

CB:リュカ・エルナンデス

リュカ・エルナンデズ

アトレティコ・マドリー⇒バイエルン

今後大きな成長を期待されているディフェンダーのひとり。

アトレティコでの5年で確かな力をつけると、8000万ユーロ(96億円)でドイツ王者に引き抜かれた。