今夏、鹿島アントラーズからバルセロナB(3部)に移籍した日本代表MF安部裕葵が初ゴールを記録した。

18日に行われたUEジャゴステラ(3部)との親善試合。安部は背番号11を付けて先発起用されると、開始たった2分に先制となるゴールを奪う!(動画8分35秒~)

左サイドでボールを受けた安部は、味方のオーバーラップを囮として使いつつドリブルで切れ込み、低い弾道の強烈なシュートでニアを撃ち抜いた。

これはお見事!

安部の移籍については一部で“久保建英の代替”とも伝えられている。本人としては思うところもあるはずだが、この一撃はその久保に先んじての移籍後初ゴールとなった。

なお安部は63分までプレーしたものの、試合は1-1の引き分けに終わっている。

3部リーグは今週末に開幕し、バルセロナBは25日にバダロナとのアウェイ戦を迎える。安部は先発の座を勝ち取ることができるだろうか。