16日に行われたロシア対ベルギーの試合で、デドリク・ボヤタが他人のユニフォームでプレーしたという珍事があった。

本来は4番を付けているボヤタだが、この試合で後半最初に来ていたのは23番。ミシ・バチュアイのものだった。

およそ10分強そのままプレーしたボヤタであるが、その後ようやく正式なユニに交換。その後にバチュアイが途中出場するまでになんとか対処できた。

そんなボヤタの大ポカに、ユニフォームを間違えられたバチュアイはこんな投稿を…。

「彼は夢を叶えた」

やはりそうだったのか…という話ではないが、さすがのバチュアイ。味方のミスを笑いに変えてフォローした。

ベルギーはこの試合で4-1とロシアに大勝。10月10日にはすでに本戦出場を「欧州最速で」決めているが、それでも確かな実力を証明した格好だ。