リヴァプールで活躍を続けているエジプト代表FWモハメド・サラー。以前ほどのインパクトはないにせよ、今季も公式戦19試合で9ゴール5アシストとと結果を残している。

プレミアリーグで決めてきたゴールの中でTOP5にセレクトされたのがこれ!

あまりにも鮮烈なシュートばかり。FIFAのプスカシュ賞(年間最優秀ゴール)にノミネートされた伝説の場面も入っているぞ。

ところが『Don Balon』の記事によれば、なんとモハメド・サラーは今季限りでリヴァプールを退団することを検討しているという。

すでにクロップ監督との関係は良好ではなく、スター選手として扱われていないことに不満を持っているとか。

移籍先としてピックアップされているのはフランス・リーグアンのパリ・サンジェルマン(PSG)。

PSGは来年夏にネイマールかキリアン・エムバペを売却する可能性があり、その代替としてモハメド・サラーを1億6000万ユーロ(およそ193.3億円)で獲得する方針だという。

そして、リヴァプールはそのお金でジェイドン・サンチョ(ボルシア・ドルトムント)を買うことを検討しているとか…。