ラ・リーガ第16節、バルセロナはホームでのマジョルカ戦に5-2で勝利した。

久保建英も先発した一戦ではリオネル・メッシが圧巻のハットトリックを達成。また、アントワーヌ・グリーズマンとルイス・スアレスもゴールを決めた。

特に凄かったスアレスの伝説級シュートがこれだ!

ゴール前でのパス交換から最後はスアレスが仰天のバックヒールシュート! 誰も想像できないようなマジカルプレーだ…。

『Marca』によれば、本人も自画自賛していたとか。

ルイス・スアレス(バルセロナFW)

「自分にとってキャリアで最高のゴールだね。

角度があまりなかったのは分かっていたし、ヒールで蹴るのが最終手段だった」

また、GKの選択肢を減らすためにシュートのタイミングも見計らったものだったそう。