この冬にイングランドに戻ってきたウェイン・ルーニー。

英2部ダービー・カウンティのデビュー戦ではいきなりアシストをマークした(以下動画3分7秒~)。

見事なキック精度!実にいやらしいボールだ。

そのルーニーがかつてのギャンブル依存について明かした。『Telegraph』によれば、20歳の時点で70万ポンド(9895万円)もの損失を被るほどだったとか。

ウェイン・ルーニー

「金を失えば(試合にも)影響する。

自分は多くの金を稼ぐ若者だった。

マンチェスター・ユナイテッドでのアウェイゲームではホテルに滞在する。イングランド代表では7~10日間はホテルにいる。

退屈で時間を潰すために何かをする。その当時はギャンブルがそのひとつだったんだ。

電話で賭けをするのは簡単だった。リアルな金のようには感じられなかったね。

賭け屋に行かなくてはいけないという感じではなかったし、リミットまで賭けた。

自分でそれを知る前に相当額を失っており、その時に賭けている額が分からない。

最初は勝ったので、楽に金が手に入ると思ったんだ。

自分は引き込まれ、最終的には負けて終わった」

暇つぶしとして始めて、ビギナーズラックもあってハマっていったようだ。

ルーニーがダービーで着けている背番号は32。これはクラブスポンサーであるオンラインカジノ『32Red』と関連したもので、それには批判もあるという。