1月に入り、移籍市場にも動きが出てきた。

ちょうど1年前にバルセロナからアーセナルにローン移籍したスペイン人MFデニス・スアレス。怪我もありわずか95分しかプレーできず、ノーインパクトでイングランドを去ることに。

昨夏に古巣セルタへ完全移籍した彼はこんな初ゴールも決めた(動画1分5秒~)。

そのスアレスは昨年大晦日に空き巣に遭っていたようだ。

そのニュースを『Daily Mail』が「アーセナルの失敗選手デニス・スアレスの自宅が窃盗犯によって侵入された…だが、盗む価値のあるものが何もなかったので、犯人は何も盗らないことにした!」と報道。

すると、スアレス本人は「なんてジャーナリズムなんだ?残念だね。少しはリスペクトを見せろよな」と怒りの引用リツイートをしていた。

伝え方があんまりだということだろうか…。