本田圭佑の移籍で一気に注目度が高まったボタフォゴ。このブラジルの古豪のユニフォームは、いつの時代も変わらないブラックとホワイトのストライプがトレードマークだ。

ここでは、現在チームが着用する2019-20モデルと、クラブが発売したばかりの「本田圭佑モデル」をご紹介しよう。

Botafogo FR 2019-20 Kappa Home

ボタフォゴ 2019-20 Kappa ユニフォーム

ボタフォゴのホームキットといえば、チームカラーのブラック/ホワイトのストライプに、一つ星のエンブレムがお馴染みのデザイン。チームカラーは1894年の誕生以来変わらず、文字通りの不変だ。

画像のレプリカユニフォームにはスポンサーロゴマークが入らないが、選手着用ユニフォームには胸、鎖骨、肩、背中などにスポンサーロゴをプリントする。

ボタフォゴ 2019-20 Kappa ユニフォーム

TopperからKappaへサプライヤーを変更した19-20モデルは、昨年10月に発表されたばかり。Kappaとは2000年代にもパートナーシップを結んでいたが、今回は11年ぶりにコンビ復活となった。シャツ全体に透かしで幾何学模様を落とし込み、その中にさり気なく星も混ざっている。

ボタフォゴ 2019-20 Kappa ユニフォーム

コンプリートはこのような感じが基本形に。シャツとパンツの脇部分(側面)には、Kappa社のロゴマークの“アダムとイブ”を垂直に並べるクラシックなスタイル。