ラ・リーガ第27節、エイバル戦で決勝ゴールを決めたマジョルカの久保建英。

右足でのシュートは見事だったが、先制点も彼が得たフリーキックから生まれたものだった。諦めない気迫を見せたプレーがこれ(以下動画1分10秒~)。

一度倒されるも、すぐさま立ち上がって突破を敢行!

ちなみに、ファウルを受けた後に久保を讃えていたのは、ガーナ人DFルモル・アグベニュヌ。

久保はビセンテ・モレノ監督から美しいゴールを決めたと評価されており、バルセロナとの次節でも活躍を期待したい。