新型コロナウイルスの流行により、世界各地のリーグ戦が中断を余儀なくされている。

そうしたなか、台湾ではサッカーリーグが開幕を迎えた。台湾版yahooによれば、無観客ながらサッカーも野球も開催できるようになったという。

台北で行われた大同vs台湾電力戦はYoutubeで配信された。後半アディショナルタイムに決まった劇的ゴールがこれだ!(以下動画1:57:07~)

決勝ゴールを決めた選手の喜び方がすごい!守備側としてはなんとも無念のプレーだった…。なお、試合は2-3で台湾電力が勝利している。

台湾電力の監督は「試合ができることは台湾の流行防止の効果を表すもの。これが最高の証拠だ。試合の一旦を担えることをとても誇りに思う」と述べていたという。

BBCによれば、12日時点で台湾での新型コロナ感染者は388人(死者6人)だそう。