現在新型コロナウイルスの影響によって中断されているイタリア・セリエA。試合が行なわれていないため、公式Twitterも「今季のDFが決めたTOP5ゴール」などの様々な動画を公開している。

12秒~のフランチェスコ・アチェルビのミドルシュートは何度見ても美しい…。

すでに2ヶ月ほどの中断になっているが、再開に向けての動きはすでに行なわれており、各クラブも練習の準備が始まっている。

それに向けて各チームが選手やスタッフに対して新型コロナウイルスの検査を行っており、その結果が発表されている。

先日はトリノが1名の選手に陽性反応が出たと発表していたが、今回さらに多くの人物の罹患が発見されたそう。

フィオレンティーナは今回のテストで3人の選手と3人のスタッフに新型コロナウイルスの陽性反応が出たと発表。

先月はパトリック・クトローネ、ヘルマン・ペッツェーラ、ドゥシャン・ブラホヴィッチの感染が確認されていたが、今回さらに6名が隔離される。

そしてサンプドリアも検査の結果を発表し、3名の感染、1名の再感染が発見されたとのこと。

なお、サンプドリアですでに感染していた人物はマノロ・ガッビャディーニ、アルビン・エクダル、アントニーノ・ラ・グミナ、モルテン・トルスビー、そして医師のアメデオ・バルダリの5名で、そのうちの一人が再び陽性反応を示したと考えられる。

【関連記事】新型コロナウイルスから「復活」したサッカー選手・関係者まとめ

なお、サンプドリアでの感染者はすべて無症状であるとのことだ。