過去のその日にあったことを振り返る「On This Day」。今日話題になっているのは、19年前の5月12日のマイケル・オーウェンだ。

アーセナルとリヴァプールが激突した2001年のFAカップ決勝。リヴァプールは後半37分に先制されるも、オーウェンの2ゴールで劇的な逆転勝ちで優勝を成し遂げた。

特に凄かった全盛期オーウェンの決勝ゴールがこれ!

キレキレ!持ち前のスピードだけでなく、決定力も半端ない…。

ディクソンをブロックして前に入ると、アダムズを回避しつつ、ファーへの完璧なシュート。一切の無駄がないパーフェクトなプレーにウリエ監督も恍惚の表情に(動画1分~)。

【関連記事】「サッカー界でヤバい最強の爆速スターTOP10」

当時のオーウェンは21歳。後にこのプレーをこう振り返っている。

マイケル・オーウェン

「素晴らしいアーセナル相手に最後の8分間で2点を決めた2001年の決勝が、自分にとって最高のFAカップの思い出さ。断トツでね。

あの時は3試合で6点獲っていて、自信に満ち溢れていたんだ。

残り8分でシーマンの至近距離からアクロバティックなシュートを決めることができた。

そして、ベルガーのパスに飛び出して、左足で決勝ゴールを打ち込んだ。自分史上最高のゴールのひとつだね」