リオネル・メッシがワールドカップ優勝に最も近付いたのは2014年。アルゼンチンはドイツと決勝戦で死闘を演じたものの、延長戦の末に1-0で敗れた。

この試合で物議を醸したシーンについて、ゴンサロ・イグアインが振り返った。試合後半に相手守護神マヌエル・ノイアーと接触したあの場面だ。

『TyC Sports』のインタビューでイグアインはこう述べた。

ゴンサロ・イグアイン

「あれはPKだったと思う。

GKはボールに触れる前後に僕に対して膝を見舞った。それによって、自分はボールに達することができなかった。

もし彼が自分の顔面をヒットしていなければ、彼がボールに触れたかは分からない。

しかも、自分は彼のことを見ていない。彼がどこにいるのか全く分からなかった」

「僕らは平等に競っていない。GKを守る方法だと言う人もいるからね。

では、僕のほうはどうなる?こっちは守られない?

こちら(フィールドプレイヤー)は膝を立ててジャンプすることはできない。彼(GK)は腕と膝と一緒にジャンプするというアドバンテージがある」

「最悪だったのは、主審が僕のファウルをとったことだ」

イタリア人のニコラ・リッツォーリ主審のジャッジにも不満をぶつけたイグアイン。その衝突シーンがこれだ(以下動画43秒~)~。

何度見ても微妙…。

【関連記事】ウイイレ2020「GKセンス」最強の守護神、13名

決死の飛び出しを見せたノイアーはパンチングしたとのほぼ同時にイグアインに激突している。ただ、イグアインのファウルではないことも確かだろうか。