欧州5大リーグで真っ先に再開されたブンデスリーガで、選手と主審の抱きつきシーンが話題になっている。

このほど行われたマインツ対アウクスブルク戦での驚きのワンシーンがこちら。

アウクスブルクGKアンドレーアス・ルーテが主審に抱きつく!

これはアウクスブルクが0-1で勝利した直後の出来事。ボールを返してと近づいてきた主審に33歳のルーテはじゃれついていたのだ。

【関連記事】思わず絶句!ブンデスリーガ、90年代「ちょっと酷かったユニフォーム」10選

この試合ではマインツFWタイウォ・アウォニイーが脳震盪で失神する場面があり、フリッツ主審は舌を引き出す応急手当てを行った。

現地では、ルーテは勝利に歓喜していたのか、応急手当てへの感謝(相手選手ではある)だったのかは分からない…などと伝えられている。