今季開幕前、FC東京からレアル・マドリーへと移籍することになった久保建英。

当初はリザーブにあたるカスティージャでプレーすることが濃厚と言われていたが、プレシーズンでの活躍もあって同じリーガのマジョルカにローン移籍。

シーズン序盤は常に出場する状況にはなかったものの、後半戦ではもはやチームに欠かせない存在に。強豪アトレティコ・マドリー戦でもこの素晴らしいプレー!

特に右サイドで二人を抜き去ったプレーは強烈なインパクトだ…。リーガ公式Twitterのカバー画像にもなるなど、スペイン屈指の若手として評価されるようになった。

そんな久保建英は、かつてバルセロナのユースに所属していたことで知られている。昨年も古巣復帰の可能性があったという。

『Marca』によれば、今回バルセロナのユース責任者であるチャビエル・ビラホアナがラジオ番組で以下のように話したとのこと。

チャビエル・ビラホアナ

「久保建英は、グスタヴォ・マイアが要求した450万ユーロ(およそ5.5億円)を遥かに超える金額、一定の義務(プレー時間の保証?)、契約期間、給与の額を求めてきたからだ」

【関連記事】久保建英、あの元神童を餌食にした「鬼ボールキープ」がこれ

グスタヴォ・マイアはバルセロナが今回獲得した19歳のブラジル人FW。サンパウロに対し、彼の保有権の70%を買い取るために450万ユーロを支払っている。

ただ、久保建英はフリーでの移籍だったことから、この発言は今ひとつ信用されていないようである。